企業内保育でママもベビーも安心〜働きやすさNo.1企業へ〜

保育士

社会状況に合った制度

保育士

働く女性が増えている現代では、子育てと仕事を両立するが難しい人も少なくないでしょう。子育てしながら働くには、子どもを保育施設へ預ける必要があります。しかし現在、待機児童が深刻化し子ども預けることが難しくなっているのが現状です。また核家族化社会でもあり、祖父母と離れて暮らす家庭が増えているのも問題となっています。母親の代わりに子どもを預かる人がいなければ、仕事することは難しくなるのです。高い技術や能力を持っていても、働くことが出来ないとそれを活かすことは出来ないのです。しかし最近ではそのような母親の問題を解決するために、保育施設を設置する企業が増えているのです。企業内保育と呼ばれ、企業で働く母親の子どもを預かってくれる施設になります。預かる場所がなく退職する女性も、企業内保育があることで継続して働くことが出来るのです。企業内保育は母親に喜ばれるだけでなく、能力やキャリアのある女性を手放すこともないので、企業にとっても大きなメリットが得られるのです。

企業内に保育施設を設置する際は、企業に負担なく設置することが出来ます。中小企業でも大企業でも助成金を得られるので、負担を減らして設置することが可能となるのです。また設置後の運営も、助成金で費用を負担してくれます。全ての費用を負担する必要がないので、気になる費用も安心出来ます。保育施設を設計する際は、企業に合ったデザインやイメージの保育施設を設計することが可能です。費用だけでなく、施設の内装や外装、必要な備品までも相談することが出来ます。サポート体制がしっかりしているので、安心して設置を依頼出来ます。1つ1つの企業に合った保育施設を設置していくので、企業にも社員にも喜ばれる保育施設となるでしょう。